読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドバイスがとにかく安い 2017年度 ハッピー

。子育てなんて!本を読んでどうにかなるものじゃない…といつもは思っているので。叱る事とほめる事は育児の日常ですので、とても役に立ちました。

こ、これですっ!

2017年02月09日 ランキング上位商品↑

ハッピー アドバイス子育てハッピーアドバイス大好き!が伝わるほめ方・叱り方 [ 明橋大二 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

中身は、イラストたっぷり、色々なシチュエーションに合わせたマンガで書かれてるので、気軽に読めてわかり易い!!! これで僕は、スーパー育メンに一歩前進です〜〜〜!!! ・・・て、ほんとは嫁に、読めって買わされたんですけどねwww ただ、ほんとのところを言うと、僕の子供の頃や、僕の親、そして自分が子育てしてみた経験から言って、どう褒めようが、どう叱ろうが、普段から愛情いっぱいに子供と接していれば、どう転んでもそう影響は無いですね。。「子供」と私たち「親」が幸せになっていける方法がイラストを交えて分かりやすく描かれている本ですので!ぜひ一度お読みになってください。何か良い方法はないかと思っている時!この本の存在を知りました。いつもだったら買わない本です。子ども達との接し方を改めて見直せてよかったです。 ちなみにね・・・頭の良し悪しも同じことで・・・。。人間の脳って、知ってる方の方が多いかと思いますが、生きている間にどんなに使ってもほんの一部しか使いません。だからIQの差は多少は出るでしょうが、そんなものは微々たるもので、実際には、どんなにIQの低い子でも、育ての親が頭を上手に使えてる親なら、当然小さい頃からそれを見て育った子供は、黙っててもそれなりに出来ちゃうと思いますよ。イラストがわかりやすく、気持ちをほぐしてくれる感じで見やすいです。 その上でこの本を読んだら!うわ〜〜〜〜!!!っと感動します。送料無料の時期だったせいもあり助かりました。「自己肯定感」を持った子供は将来!きっと自分の手で幸せをつかんでいけることでしょう。 そんなことよりも一番問題なのは!子供が育っていく中で!一番接する機会の多い人の性格の影響をおぼ受けてしまうという事。なので、子育ての前に、まず自分が子供たちに対して恥ずかしくない生き方・行動・言動をとらないと!・・・て、ことですよね。子供は、のびのび!生き生き!・・・褒めて育てる方が良いって事は分かってはいるのですが、自分にゆとりが無かったり、時間的余裕が無かったりするとどうしてもイライラ。分かりやすい挿絵が入っているので読みやすく理解しやすいです。イロイロと参考になる一冊です。この本では子供が「自己肯定感」を持って育っていける方法が書かれています。( ゚ー^)v と、いう訳で、この本を買われる方は、毎日家族がハッピーに暮らすには!・・・と、言う感じで読んでみると良いのではないでしょうか!シリーズの中では一番「自己肯定感を育てる」ということに重きを置いた本です。。以前このシリーズの本を3冊持っていたのですが、その時は「自分の子供には当てはまらないので参考にできない」と手放しました。今後も悩むと思いますが、この本を参考に子供との向き合い方を変えていこうと思わせてくれました。本の中で「キレてしまうのは子育てを頑張っているから」という内容のことが書かれていて!すごく救われた感じがしました。このシリーズは他にも持っていますが!これが一番参考になりました。今からでも、日常にとりいれて、子供への声のかけ方など、改善できそうです。。そして怒りすぎの自分の事も優しく受け止めて前向きになれる、そんな本でした。。子どもが成長したのかこの本が良かったのか!この本はとても参考になり!今後なるべく読み返していきたいと思っています。所々にマンガがあって、ダメな例と良い例が書いてあって、まさにダメな例とおんなじ対応を息子にやってたダメ母です><これを読んでダメな自分を再認識、ちゃんと読んで自己肯定感をしっかり持てる子に育てられるよう頑張りたいです!!おなじみ「子育てハッピーアドバイス」シリーズの1冊です。時間に追われるママにはいいですね。まだ途中までしか読んでいませんが絵も可愛くて内容も読みやすいです。ハッピーアドバイスシリーズはずっと揃えています。子育てを「楽しむ」ためにも、きっと、ためになると思います。特に0〜3歳くらいまでの育児の仕方は今までどのシリーズにも詳しく載ってなかったので!よかったです。3人目の子どもを妊娠中にイライラも抑えられず上二人を怒っていることが多かったのでもっと早く買えばよかったと後悔しています。ほめ方!叱り方って結構難しいし!タイミングも重要。。こどもは小学生なので!もっと早くよめれば良かったのかも…と思いますが。子育てハッピーアドバイスのシリーズが大好きです。シリーズの中で一番役に立ち!一番すぐに使える内容ばかりだったと思いました。子供を育てているとほめる場面!しかる場面というのが必ず出てきます。一言アドバイスみたいな感じですぐ読める。通常は!両親・・・と!言うよりも育ての親の性格の影響をね〜!しかも悪いところほどよく似るものでwww みなさんも少し考えてみて!冷静に自分の事を考えてみて!もちろん良いところもですが!自分の親の悪いところを中心に似ちゃってる気がしませんか?もし血が繋がらない親子で有っても!その親子って性格絶対似ちゃいますよね。3日昼間に注文して、メール便で4日昼間に届きました。子供に対し怒ってはいけないと心の中では思っているのですが、何度何度も同じことを繰り返し言っても分かってもらえない時につい怒ってしまうんですよね。でも、このところ自分でも「怒りすぎ」って分かっているのに毎日イライラプンプンしていて、子ども達にもかなり影響が出ていて、なのに「怒りすぎの自分」を自分ではどうにも変えられなくて。怒るより褒める子育てって素敵じゃね〜か!と思わせてくれました。とにかく子供をそんなに叱らなくてすむようになります!とてもおすすめです。。読んでいくうちに涙が出てきて、一日経った今、本当に叱らないで過ごせています。中身も子育てに対する気張りが取れてラクになるような感じがします。子供が2人いるんですが!下の子が生まれてから!上のお兄ちゃんに対する接し方に悩んでました。なんといっても!しかるためにはまずほめることをよく知る必要がある!とこの本では語っています。頑張るつもりはありませんが、どぉせ子育てするのならば、自分も子供も楽しく?泣き・笑い・怒る生き方をしていこうかな?と思わせてくれました。只今子育て奮闘中な私。2歳の息子がいるのですが!息子の教育や躾のことで悩んでいたのでこの本を読んで少し明るい視点をもらうことができました。まだ全部読んでない(最初の方しか読んでない)ですが(笑)、最近長男を叱り過ぎてる気がして、なんとなくこのままじゃいけない気がして、とりあえずこれ読んでみるか〜的な感じで買ってみました。 シリーズを読んでいない方にも!ほめ方と叱り方の具体的な方法がわかりやすく書かれているのでオススメですよ!!マンガも可愛いですし!私はあっという間に読み終えてしまいました。。これらをどのように捕らえるのが子供のためになるか、また親としてもメリットがあるかを、子供の視点から、また親の視点から鋭く、かつわかりやすく解説してあります。効率的に物事をこなすことで、仕事にしろ、普段の生活にしろ、「時は金成!」・・・で、時間を上手に使って生きてきた人にとっては、なかなか緩い性格には成れないもので、なかなかそうはいきませんよね〜www てことで、感情的に成らないように、少しでも気長に子育てするよう自分に言い聞かせる為に購入してみました。【自己肯定感】が大事って事はわかっても!その後が続かなかったのですが!この本のおかげで具体的な方法がわかりました。親や友達や夫に話しても、自分の気持ちを落ち着かせることが出来ずに叱る日々に嫌気がさして、思い切って注文してみました。子供の「イヤイヤ」が始まってしまうと!ついつい怒ってしまうということがこれまで何度もありました。これからも時々読んで!ひと休みしようと思います。余裕を持って子供に接することが出来るよう、時々読み返したいです。その本質を学ぶために、とても大切な1冊になるのではないでしょうか。