読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリンシプルを比較に比較し「厳選」した1つの商品!

少々落ち着きがなく、不器用な息子のことを小学校のクラス担任に話をしたところ、この本がオススメだと紹介されました。深夜に著者をとりあげた番組が放送されていたのがきっかけで、興味が湧いて購入してみました。成人近い子供達なので子育て間違えたかな?身近なお友達親子に教えておげたいです。

コチラですっ!

2017年02月09日 ランキング上位商品↑

プリンシプル子育てプリンシプル [ 奥田健次 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

いい本だと思います。過保護すぎる子育てをしている今の時代にぴったりの本です。勉強をされてる方、親御さん、興味のある方には、是非お勧めです。 発達障害の子どものいる親御さん以外にも読んでいただきたい本です。分かりやすく子育てをする上では!ぜひ読んでおきたい一冊です!もっと早く出会えたら良かったです。読むのはこれからですが!何かヒントや参考になることがあればいいなと思っております。「子供」に悩んでいる方に是非読んでいただきたいです。今までの子育て本より説得力があるように思えます。正直言って子どもと正面から向き合うのって かなりの労力を要します。私が臨床心理士として相談の仕事をしていて!子どものかんしゃく!登校しぶりなどで困っている親御さんにご紹介させて頂く本です。毎日、子どもと過ごしていると「メンドクサイ」「自分がラクしたい」と思うことも しばしばあります。本書では!子育てにおいて必要な一本筋の通った親の姿勢!ブレない土台や羅針盤となる“プリンシプル[原理・原則]”の重要性が強調され!筆者は「どこを切っても同じ金太郎飴のような一貫した態度で子どもに向き合うこと」が大切であると書いています。著者の言葉は!平易でありながら!とても力のある言葉です。今は情報が溢れかえり!さらに病を抱えたお子さんをお持ちであれば本当にどうしたらいいか分からなくなる現代において!自分の身を切るように闘っておられる著者の姿に!とても頭が下がります。読んで損はしないと思います。これから子育てする人や、小さい子供を持つ人は、読んでおいたほうがいい一冊。子育ての仕方にまったく迷われていない方なんていないと思いますが、一度読んでみると、結構勇気が湧いてくる本です。ゆっくりあじわって読みたいです。有難う御座いました。こちらで買えてよかったです。本をザックリ読んだのですが!確かに…と思える内容とそうでない内容もありました。これからお子さんが生まれてくる方にも、心の準備として、おすすめです。とてもわかりやすく読みやすいです。たとえ話が分かりやすく!とても読みやすいので!お勧めです。この本を読んで!そのナニカが何なのかが理解できました。店で売り切れでした。もっと早く出会いたかったです。奥田健次さんの本をまとめて6冊買ったので!まだ!読み切ってませんが!見やすく!内容にも吸い込まれるような!わかりやすい本です。自分の子育てが認めてもらえたように思えました。著者に感謝です。自分が疲れていたり、時間に余裕がない時は なおさら、、、。ルール作りの大切さが分かりやすく書いてあります。この本では!子どもの困った行動をどう理解するかではなく!子どもに向き合う親の姿勢!具体的な解決策が紹介されています。。 だけど、流されたくないナニカがあって、毎日がんばっています。